今すぐセックスしたい既婚者必見!既婚者でもセフレを作る方法!

・嫁がヤラせてくれない。セックスレスだ。

・嫁が牛みたいに太ってきて性欲が沸かない。

・嫁以外の女と久々にセックスしたい。

・嫁は大好きだが、体の相性が悪い。

 

恐らく世の中の90%以上の既婚男性が、上記の4項目のどれかに当てはまるのではないだろうか?
 

そんな不満を解消するのに一番ベストなのは、「セフレを作ること」だ。
 

当サイトでは、既婚男性の欲望を解消すべく「既婚者がセフレを作る方法」をご紹介していこう。
 

ちなみに、既婚者がセフレを作るとどんなメリットがあるかというと、
 

・久々に他の女とセックスでき、欲望・ストレスの発散。

・それによって日々の生活に活力が出る。

・毎日が楽しくなり、仕事も捗る。出世もできる。

 

…といった感じだ。
 

出世までは保証はできないが、おそらく充実した未来が待っていると思う。
 

ただし、あくまでも「自己責任」で実行してほしい。
 

 


 

【はじめに】既婚者がセフレを作る場合この2パターンしかない

【はじめに】既婚者がセフレを作る場合この2パターンしかない
改めて言う必要もないが、既婚者がセフレを作るのは簡単なことではない。

 

しかし、簡単ではないが不可能でもないのだ。

 

ここでは既婚者の身で5人のセフレとの快適なセックスライフを送っている私のもつ、
 

既婚者でもセフレを作ることができる2つの勝ちパターンをお教えしよう。

 

【1】結婚していることを言わないで付き合う

【1】結婚していることを言わないで付き合う
要は、女をだまして付き合うことになるパターンだ。
 

人としてはあるまじきことだと思われてしまいがちだが、
 

そもそも既婚者でもセフレを作りたいと思ってこのサイトに辿り着いている時点で、
 

これを見ている君にそんなことを言う資格はないだろう。

 

正直相手の女性には心苦しい部分もあるが、メリットも多いので既婚者でセフレが欲しい諸君に、
 

声を大にしてオススメしたい。
 

もちろんメリットもあればデメリットもあるので詳しく紹介していこう。

 

メリット

①若い子とヤレる
 

最大のメリットはやはり若い女の子を抱けるところにある。
 

私自身も経験しているが、世の中の女性の9割は結婚を機に太る。
 

美容に対する関心も薄れ、正直に言ってセックスなんてしたくならない。

 

そんな悲しい思いで毎日を過ごす既婚者男子からしたら、
 

メリハリのあるボディーライン、かつツヤのある肌の若い女の子を抱けるのは至福だ。
 

これは既婚者男子の諸君にぜひ体感して頂きたいところだ。

 

②ヤレる女の範囲が広くなる
 

当たり前の話だが、既婚者だと知った上でセフレになってくれる女性なんてそうそういない。

 

悪いことだというのは重々承知ではあるが、既婚者であることを隠すことができれば、
 

アプローチできる女性の幅もかなり広がるのは間違いないことだ。

 

欲求不満で悩む日々にお別れしたいのなら、結婚していることを隠してセフレを探すのがベストだろう。

 

デメリット

①ウソをつき通すのが、かなり面倒
 

その場限りの嘘をつくのは難しいことではないが、嘘を継続するのは至難の技だ。

 

既婚であることを隠す場合、独身という程にしないといけないし、
 

安易に自宅に来られたら大問題なので、住所なども嘘をつかなければならない。

 

本気で既婚であることを隠してセフレを作る場合は、
 

冗談抜きで最初に自分の「設定」をしっかりと作り込む必要がある。

 

これは経験談だが、その場で思いついた嘘で切り抜けようとすると必ず矛盾が生じてくるので怪しまれることになる。
 

以前職業を聞かれた際、適当に整体師と言ったら相手も整体師で、仕事の相談をされて何も答えられないなんてこともあったw
 

とにかく嘘をつき通すなら、最初にあらかじめ自分の設定を決めておくのがベストだろう。

 

②関係を長く続けにくい
 

正直なところ、既婚であることを隠してセフレ関係を長く続けるのは難しい。

 

相手の女性が未婚であれば、最初はセフレで始まったとしても徐々に恋愛感情に発展し、
 

付き合いたいと言い出すパターンは良くある。

 

そうするとこれ以上関係を続けた場合、最悪身バレすることも考えられるので関係を切らなければならない。

 

また相手から真夜中に突然会いたいと連絡されたりすると、嫁にスマホをチェックされたら一発でアウト。
 

なるべく連絡する時間など指定したいところだが、やりすぎるとセフレに素性を怪しまれる。

 

などなど、実際に独身だと嘘をついてセフレ関係を始めたら理解できると思うが、
 

相手の女性に既婚であることを隠して関係を長く続けるためのハードルはかなり高いだろう。

 

攻略法は?こんな女を狙え!

既婚であることを隠してセフレを作る場合、まずはしっかりと「自分の設定」を作っておくことが重要だ。
 

相手に怪しまれず、かつセフレ関係を長く続けるために理想の「自分の設定」を作り込めば、
 

せっかくゲットしたセフレを手放すことにならないはずだ。

 

そうした「自分の設定」を作った上で、以下のような狙い目の女性にアプローチしてみてほしい。

 

⑴素直な女性
 

男性なら誰もが共感すると思うが、勘が鋭い女性は男の嘘をすぐに見抜く。
 

どんなにうまく隠そうとしても、名探偵ばりに些細な情報から真実を突き止める生き物だ。
 

そんな恐怖と向き合いながらセフレを作ったとしても心から楽しむことは絶対にできない。

 

そこで私がおすすめするのが、素直な女性だ。
 

誰の話でも全て真摯に受け止め、人を疑うようなことはしない女性。欲を言えばあまり賢くないと尚良い。
 

自分の話を何でも素直に聞いてくれる女性がいたらセフレ候補として前向きに検討してもいいだろう。

 

⑵若い女の子
 

既婚であることを隠してセフレを作る場合に覚えておいてほしいのが、
 

ある程度年齢を重ねた未婚女性は常に結婚というものを意識しているということだ。

 

自分にそんなつもりがなかったとしても、セフレ女性が自分に対し好意を抱いた時に確実にめんどくさいことになる。

 

私の体験談だが、既婚であることを隠してアラサー女性とセフレ関係だった時に、
 

自分の知らないところでSNSから周りの知人まであらゆる方法で私の素性を調べ上げられた経験がある。
 

幸い既婚であることはバレなかったが、危険を察知してすぐに別れたのは言うまでもない。

 

このように結婚を意識する年頃の女はストーカーばりに詮索してくるので、
 

そんなことなど全く考えていない若い女の子を狙うのが安パイだ。

 

【2】既婚であることを伝えたうえで割り切ってもらう

【2】既婚であることを伝えたうえで割り切ってもらう
既婚男子諸君の理想はやはり、既婚であることを理解した上でわりきってくれるセフレだろう。
 

お互い合意の上でのセフレというは嘘をつき通さなければならないプレッシャーもなく、
 

突然「付き合いたい」だの「結婚したい」だのと言われることもない。

 

このような理想の状態を作り出すためにおすすめしたいのが、
 

「人妻」や「割り切ってくれるサバサバした女性」だ。

 

「人妻」は文字通り人妻なのでお互いに家庭を守りつつセックスを楽しみたいという、
 

お互いの利害関係が一致するので長くわりきった関係を続かることができるだろう。

 

また、「割り切ってくれるサバサバした女性」に関しても、仕事が普段忙しくデートなどはしたくないし、
 

付き合って束縛されるのも嫌。だけど、身体の相性の良い相手と定期的にセックスはしたい。
 

そんな条件であればお互いにwin-winな関係で過ごすことができるはずだ。

 

どちらにしても重要なのは「割り切った関係」に持っていくこと。間違いなくこれが肝になる。
 

詳しく説明していこう。

 

メリット

何より「関係を長く続けやすい」ことが最大のメリットだ。
 

我々男性が最も重要視するところでもあるだろう。
 

「ヤりたいときにヤレる」関係が長期間保たれるというのは、欲求不満で悩まされることもなくなる。
 

悶々とした気持ちでAVと共に過ごす夜もなくなるし、嫁にも優しい気持ちになれるのは間違いない。

 

また、「ウソをつかなくていいので超ラク」なのもありがたいメリットである。
 

正直、未婚と称し毎回細かい部分まで設定を考えた上で嘘をつき続けるのはしんどい。
 

もちろん罪悪感でいっぱいにもなるし、バレたときのことを考えると怖くて眠れない日もある。

 

全てを理解してもらった上でのセフレ関係は精神的にも安定した毎日を送ることができるのは言うまでもないだろう。

 

デメリット

一番のデメリットは「若い子が狙いにくい」ところにある。
 

結婚して旦那との関係が冷めている状態の人妻を狙うとして、
 

そうした状態ということは結婚して数年立った状態であることが予想される。

 

つまり欲求不満でセフレを求めている人妻は、若くても30代前半、
 

現実的には30代中盤〜後半の人が圧倒的多数であることが予想される。

 

人妻ではなく「割り切りOKのサバサバ女性」を狙うにしても、
 

結婚願望がなく身体の関係だけ求めるような女性というのは、
 

仕事で結果を出して自分でバリバリ稼いでいる状態であることが予想される。

 

つまりこの場合も若くて28〜29歳、現実問題30代であることが多いだろう。
 

20代前半で割り切ってくれるような女の子はなかなか出会うのが難しいのが実情だ。
 

また、理解してくれる女性が少ない(ヤレる女の範囲が狭まる)のも大きなデメリットである。

 

欲求不満の人妻を狙ったとしても、やはり世間体を気にする人がほとんど。
 

うまくアプローチできても、なかなかセフレまで持っていくのは難しいのだ。

 

「割り切りOKのサバサバ女性」にしても、既婚者というリスクをとってまでセフレになるくらいなら、
 

もっと条件の良い未婚のセフレを探すことだろう。

 

このように既婚ということを理解してくれる女性というのは、なかなか存在しないのが現実だ。

 

攻略法は?こんな女を狙え!

攻略法としては、最初からワリキリの関係として交渉すること。これが鉄則だ。
 

割り切った関係での付き合いがしたいと直球でアプローチすれば、
 

「興味のない人」と「まんざらでもない人」とはっきりと分けることができる。

 

あとはイケそうな女性に絞って狙ったほうが効率が良いと言えるだろう。
 

まんざらでもない女性に対して、何が懸念点なのかをしっかりとヒアリングし、
 

不安を全て取り除くことができればセフレ関係を構築する子ができるはずだ。

 

カウンセラーになったつもりで女性の話を聞いてあげてくれw

 

狙い所としては、やはり「人妻」か「性欲旺盛のワリキリ女」のどちらかだろう。

 

お互いにwin-winな関係になれることは間違いないので、
 

身の回りの女性に対してセクハラにならない程度で性生活についてヒアリングし、
 

話を聞いた上で条件が合いそうな人がいればアプローチして見るのもいいだろう。

 

既婚者がセフレを探すならこの3つの方法!

既婚者がセフレを探すならこの3つの方法!
私を含む世の中の既婚者男性がセフレを探す上で、一番の恐怖は「嫁にバレること」だ。
 

最悪の事態は避けながらも性欲を満たしたい諸君へ。
 

リスクなくセフレを探す3つの方法をお教えしよう。

 

一番楽でリスクがないのは出会い系

一番楽でリスクがないのは出会い系
リスクなくセフレを探す3つの方法として最もおすすめなのが出会い系だ。
 

そもそも出会い系は出会い目的、つまりセックス目的で使うワリキリ女が多いので、
 

既婚者でもセフレを探しやすいのが特徴。

 

出会い系は初回登録時に無料ポイントももらえるため、
 

正直そこまでお金もかからないのでやらない手はないだろう。

 

また、出会い系は相手の顔がプロフ写真で分かるので、外れくじを引きにくいのもありがたい。
 

出会い系を登録する際の最大の懸念点が、
 

嫁にスマホチェックされたときに出会い系のアプリを見られたら終わるというところ。

 

だがしかし、現代にはケータイのホーム画面からアプリアイコンを消すことができる方法が存在する。

 

つまり出会い系をやっていると思われるような証拠を一切残すことなく、セフレを探すことができるのだ。
 

自宅にいるときはスマホをいじる時間が無い..そんな男性も諦めることなかれ。

 

最初から人妻やワリキリ女を狙えば、相手も夜は連絡できないことが多いので、
 

夜にスマホをイジれなくてもセフレを探すことは現実的に可能なのだ。
 

⇒本気でセフレが欲しいなら●●の出会い系を使え!

⇒嫁にバレずに出会い系でセフレを探すには?

⇒セフレを作りやすくなるプロフィール設定

⇒実際に出会い系でどんなやり取りをすればいい?

⇒出会い系の女と会うとき、どうやって会えば嫁にバレにくい?

 

ちょっと金はかかるが「既婚者コンパ」もアリ

ちょっと金はかかるが「既婚者コンパ」もアリ
既婚者コンパとはなんなのか。まずはそこから説明しよう。

 

簡単にいうと、既婚者の男女だけの合コンのようなものだ。
 

要するに「不倫したい既婚者」しか集まらないので、非常に効率良くセフレを探すことができる。

 

なぜなら、不倫したいのでなければお金を払ってまでこんなイベントに参加する理由がないからだ。
 

既婚者コンパで出会う女性はもちろん既婚者なので、リスクを分かち合えるのが最大のメリットと言えるだろう。

 

お互いにバレると大問題なので、どんなにセフレ関係が盛り上がったとしても感情的になって暴走しにくいので安心だ。

 

既婚者コンパのデメリット

既婚者コンパのデメリットとして、男子は参加費が15000円前後かかるのでお金に余裕がないと厳しい。
 

普段おこづかい制の男性には15000円はなかなか高いハードルと言えるだろう。

 

また、既婚者コンパは当日行ってみないとどんな人がいるか分からないので当たり外れがある。
 

最悪の場合、ブスのババァしかいない場合もあるので覚悟して行くことだw

 

当たり前の話だが、結局は可愛い女の取り合いになるので、
 

男同士の熾烈な競争に勝たなければ可愛いセフレをゲットすることはできないだろう。

 

労力と時間はかかるがナンパする

労力と時間はかかるがナンパする
ナンパはいつでもできるので、時間の規制がある既婚者には最適なセフレを作る方法と言える。
 

一言でナンパと言っても現代には「SNSでのネットナンパ」や、路上での「ストリートナンパ」など、
 

自分の特性を生かした方法でナンパできるのが良いところだ。

 

また、ナンパは「やり方」や「場所」や「時間」を上手くコントロールすることができるので、嫁にバレにくい。
 

ただし、時間も労力もかかるので効率は良くないと言えるだろう。

 

嫁にバレるリスクが高いので、この方法は避けるべき!

嫁にバレるリスクが高いので、この方法は避けるべき!
既婚者がセフレを作る方法は他にもいくつか存在する。
 

しかし、それらの方法はセフレができないことはないが、嫁にバレるリスクが高い非常に危険なものばかり。
 

ここでは安易にリスキーな方法でセフレを作り、嫁にバレるなんてことがないように。
 

既婚者がセフレを作るのに適しない危険な方法を紹介していく。

 

くれぐれもこれから紹介する方法ではセフレを作らないようにしてくれ。

 

同窓会

同窓会
既婚者であるにも関わらずセフレを作りたいと思ったときに、
 

安易にチャレンジしてしまいがちなのが同窓会で同級生狙いだ。

 

同窓会にいるのは全員同級生なのでアプローチしやすいし、
 

当時の元カノがいたりしたら案外すぐに結果を出せると思ってしまいがち。

 

もちろんそれは間違いではない。お互いをよく知るもの同士ならセフレ関係も比較的築きやすい。

 

しかし、同窓会にはとてつもなく大きなデメリットがある。
 

それが、「何かあると嫁に感づかれやすい」という点だ。
 

当たり前の話だが、同窓会が終わってから夜帰りが遅くなったり、スマホをいじる頻度が増えたりすれば、
 

嫁という生き物はすぐさまその異変を察知するだろう。
 

異変を察知されたら最後、まるで事情聴取かのように取り調べを受ける羽目になったり、
 

今後不審な行動を取れないように門限などを厳しく決められることも。

 

最悪の場合、同窓会に参加した他の同級生たちに、その日の自分の行動を聞き込みして不倫がバレる。
 

なんてドラマのような恐ろしいことが起きうるのだ。
 

嫁という生き物を決して侮ってはならない。同窓会は本当に気をつけてほしいところだ。

 

職場・取引先

職場・取引先
日常生活の中でセフレを作りたいと思った時に頭をよぎるのが職場や取引先の女だろう。
 

頻繁に顔を合わせる相手であれば信頼関係もあるのでアプローチしやすいし、
 

自分が既婚ということをわかった上で関係を持ってくれるような相手なら関係も続けやすい。
 

職場で顔を合わせる度にアポも取れるし、職場の人間も嫁も誰も知らない秘密を共有してる感じが何より興奮する。

 

しかし、職場・取引先でセフレを作ると最悪の場合人生が終わるような展開になってしまうのでおすすめはできない。
 

それが、「職場でウワサになれば最悪クビになる」という点だ。
 

自分の職場であれ取引先であれ、人のウワサというものはすぐに広まってしまう。
 

どんなに隠しているように見せても、自分の気づかないところで一緒にいるところを目撃されることもあれば、
 

職場や取引先でセフレとのやりとりを見て「あの二人デキてる」と勘付くゴシップ好きがいるものだ。
 

一度どこからか広まったウワサというものはどうにも止めることは出来ず、
 

無情にもバレてはいけない上司の耳にまで届いてしまうものなのである。

 

こうなると左遷はもちろんのこと、最悪の場合クビになるケースもある。

 

そうなってしまえば嫁にも浮気がバレて、職も家族も同時に失うことになる可能性が非常に高い。
 

ここまでの流れを想像した上で、職場や取引先でセフレを作るのは賢い判断とは言えないだろう。

 

嫁のママ友

嫁のママ友
意外にもセフレにできるチャンスがあるのが嫁のママ友だ。
 

子どもの行事などで顔を合わせる頻度が多く、仲良くなりやすいのが特徴だろう。

 

自分の嫁とも友達なので、嫁から「〜ママは旦那さんとうまくいってないみたい」なんて情報が入れば、
 

簡単にアプローチできるし、あくまで「嫁から話を聞いて、何か力になりたい」とでも言っておけばすぐに誘える。
 

あとは飲みにでも行って旦那の不満や愚痴を聞いてあげれば簡単にセックス出来てしまうものだ。

 

お互いに家庭の事情を把握していれば、予定も合わせやすいし関係も続けやすいのだが、
 

安易に嫁のママ友には手を出してはいけない理由が1つある。

 

それが、もしバレたら死ぬ(人生終わる)ことは確実だからだ。
 

冷静に考えてみてほしい。
 

嫁のママ友ということは、自分とセフレの子ども同士も友だちだし、自分とセフレの旦那ももちろん知り合いだ。
 

この状況の中でバレたらどうなってしまうだろう?

 

確実に夫婦関係は壊れることは目に見えているし、セフレの家族との関係性も修復できるはずがない。
 

また、お互いの家族間だけではなく、嫁のママ友にもウワサは広まり、自分の子供にまで迷惑をかけることになりかねない。

 

嫁のママ友とセフレ関係になることがどれだけリスクがあるかおわかり頂けただろうか?
 

このサイトを見てくれている男性諸君には、目の前の快楽に溺れて大切なものを失わないように気をつけてほしい。

 

既婚者がセフレを継続するための秘訣・注意点は?

既婚者がセフレを継続するための秘訣・注意点は?
既婚者でもセフレを作って継続して関係を持ちたい男性諸君のために、
 

既婚者がセフレを継続するための秘訣・注意点をわかりやすくまとめたので参考にしてみてくれ。
 

もちろんこれは私自身が実際に実践しているものなので間違いないはずだ。

 

できるだけ昼間に会ってホテルに行くこと

できるだけ昼間に会ってホテルに行くこと
これは既婚者がセフレ関係を継続して行く上で絶対条件の一つと言っても過言ではない。
 

セフレと会う時間を夜にすると、どうしても嫁に怪しまれる。

 

嫁という生き物は一度怪しいと感じたら、探偵のごとく調べ出すので、
 

会社で飲み会なんて適当な言い訳も調べられたらすぐにバレる。

 

そのため、間違いなく安全なのはやはり昼間の時間だ。
 

仕事の合間、もしくは半休を使ってホテルに行くのがベスト。

 

そうすれば基本的に怪しまれることはないので安全だ。

 

あまり連絡しなくてよい状態に持っていく

あまり連絡しなくてよい状態に持っていく
浮気がバレる原因の一つにあるのが「スマホ」だ。
 

自分がいない間にチェックされてセフレとのやりとりを発見される。
 

これはセフレがいる男性諸君が最も恐れるパターンだろう。

 

しかし、スマホチェックは未然に防ぐことができる。
 

それは、日頃からセフレと連絡を取らないことだ。

 

嫁にチェックされるということは、何かしら怪しいと思われるから。
 

怪しいと思われるのは、日頃からこまめにスマホをいじっているからなのだ。

 

なので、基本的に家ではスマホをいじらない。
 

セフレとのやりとりは通勤時間や仕事中だけにすること。
 

そうすれば怪しいと感じられることもないし、スマホをチェックされることもないので安全だ。

 

*それでも心配な人はセフレとのLINEのやりとりは家に帰る前に「非表示」にして証拠を残さないこと。

 

絶対に惚れさせないこと

絶対に惚れさせないこと
セフレ関係を長く続けるために忘れてはいけないのが、
 

間違っても相手の女に自分を惚れさせないことだ。

 

女という生き物は本気になると何をしだすかわからない。
 

相手の女が未婚であれ既婚であれ、自分に対して本気になってくると、
 

「嫁と別れてほしい」などと言い始めることは多々あるもの。

 

そうなってくるとかなりめんどくさくなってくるし、最悪の場合、嫁にバラされる危険性もある。
 

間違ってもそんなことにならないように。

 

セフレの女にはあくまで「カラダだけの関係で、それ以上もそれ以下もない」ということを伝える必要がある。
 

くれぐれもセフレの女を本気にさせるようなことのないように気をつけてくれ。

 

一応知っておこう!嫁にバレたときのリスク!

一応知っておこう!嫁にバレたときのリスク!
ここまで、欲求不満でやり切れない男性諸君ために既婚者がセフレを作る方法についてお話ししてきた。

 

しかし、既婚者がセフレを作るということは「浮気」ということであり、相応のリスクも伴うものだ。
 

わかっているとは思うが、ここでは嫁にバレたときのリスクについて説明していこう。

 

まず修羅場

まず修羅場
修羅場。これは間違いなく逃れられないだろう。
 

バレてしまった男には何も言う権利などない。

 

嫁からひたすら罵声を浴びせられるか、泣き倒されるか。
 

こうなってしまったらひたすら謝り続ける以外に何も選択肢は残されてはいない。

 

離婚

離婚
セフレの存在がバレたら、嫁の器の大きさにもよるが、かなりの確率で離婚することになるだろう。

 

浮気がバレた時点で我々男には離婚を止められる権利は無い。
 

どれだけ後悔しても、幸せな家庭には戻れないものなのだ。

 

慰謝料を請求される

慰謝料を請求される
離婚が決まる=慰謝料を請求される
 

離婚が決まり精神的に辛い状態でも、現実は浮気をした男には冷たいものだ。
 

離婚が決まれば同じく慰謝料も請求されることになる。

 

当たり前の話だが、離婚の原因はあなた自身にあるし、嫁を傷つけたのもあなたなのだ。
 

その報いに慰謝料を請求されるのは当然。
 

離婚後は経済的にも辛い目にあうだろう。

 

職場でウワサになる場合も

職場でウワサになる場合も
セフレの存在が嫁にバレて離婚した場合、かなり高確率で職場にもバレるだろう。

 

どこの職場にもウワサ好きな人間は存在するので、自分の離婚の原因が浮気だということも、
 

あっという間に会社中に広まることは避けられないはずだ。

 

子供がいる場合、会えなくなる可能性も

子供がいる場合、会えなくなる可能性も
自分の浮気が原因で離婚することになった場合、子どもがいる人は、子どもに会わせてもらえなくなることも十分あり得る。

 

これに関しては、離婚の原因をつくった人間としては何も言える立場ではない。
 

悲しいことだが、現実を受け止めるしかないだろう。

 

自己責任でお願いします!

自己責任でお願いします!
以上がセフレの存在が嫁にバレたときのリスクだ。
 

このような大きなリスクがあることを理解した上で、セフレを作るかどうか考えてほしい。

 

全ては自己責任だ。セフレを作るもよし、嫁を大事にするのもよし。
 

よく考えて行動してくれ。
 

このサイトを最後まで読んでくれた君に幸運が訪れることを祈っている。